症状を緩和するためにじっくりと話を聴いてもらうとよい

心の病気に立ち向かう方法

女性

ストレスや悩みを抱える人のためのサービス

うつ病は誰でも起こる可能性がある心の病です。実際になってしまった場合、誰かに話すことはとても勇気がいることでしょう。病院へ行く決心がなかなかつかなかったら、電話相談を利用してみるのが良いかもしれません。無料でできることも多いですし、家族や身近な人に打ち明けるよりも荷が重くなりません。うつ病の無料の電話相談を調べてみると、行政で相談窓口はどこでもあるようです。また、ホームページに症状のチェックシートがのっていることがほとんどなので、まずは自分の症状を1つ1つ確認しておくと良いでしょう。うつ病にはいくつかの特徴があり、身体的状態と精神的状態にそれぞれ病気のサインが見られます。例えば身体に現れる症状としては頭痛や肩こり、関節痛など体に痛みが出る場合があります。また、多くの人は睡眠障害が起き、夜ぐっすり眠れないことが多いようです。他にも食欲低下や疲れやすいなど何らかの異変が起きてしまいます。しかし、体の不調は風邪や単なる仕事疲れだと判断してしまう人もいるかもしれませんね。精神的に現れる症状としては、マイナス感情になりやすかったり、やる気が起きず意欲低下になってしまうことがあります。他にも集中力がなくなり思考力が低下したり、不安感やイライラに悩まされたりすることも出てきます。仕事をしていたり、学生の場合はこのような精神的症状が現れてしまうと、支障がでてきますよね。電話相談をする前に、まずはチェックしてみて下さい。

無料の電話相談だからといって、実際にうつ病になってしまった場合はそう簡単に利用する勇気が出ないかもしれません。しかし、無料電話相談はかなり多くの人が利用しているようで、電話がつながりにくいこともあるくらいなのです。また、プライバシーは絶対に厳守する約束なので、そこは安心できます。まだ自分がうつ病かどうかはっきりわからなくても、何でも相談して良いのでしょうか。具体的なサービスの内容としては、メンタルヘルス不調や過重労働による健康障害などが相談できるようです。はっきりうつ病か分からなくてもストレスチェック制度についての話を聞いたりもできます。では、1つ1つ細かく説明をしていきますね。メンタルヘルス不調は、今抱えている心の悩みについて相談することができます。人間関係の悩みや仕事での悩みなど気に病むことがあれば何でも話して大丈夫です。身近な人にこそ言えないことは、けっこうあるのではないでしょうか。次に過重労働による健康障害についてです。長時間の労働で健康への被害が出ている場合、それを相談することができます。職場のことは職場でしか解決できないと考える人もいますが、上司などには言いにくいですよね。無料電話相談でアドバイスをもらい、うつ病の可能性があることを知れば少し気持ちが楽になることもあります。そして、自分のストレスの度合いを知ることができるストレスチェックの話も詳しく聞くことができます。